[ 節税対策・相続税対策の事ならお任せ下さい-千葉県八千代市、習志野市、佐倉市、船橋市、千葉市 ] 
節税の事ならお任せ下さい-高橋敏則会計事務所
千葉県八千代市
八千代台西1-1-37 小林ビル1F
TEL:047-481-0434
FAX:047-481-0473
 
HOME 節税対策なら高橋敏則会計事務所
事務所案内 節税対策なら高橋敏則会計事務所
業務案内 節税対策なら高橋敏則会計事務所
企業経営関連業務
資産税関連業務
講演・研修会講師
節税の法則 節税対策なら高橋敏則会計事務所
相続税対策 節税対策なら高橋敏則会計事務所
トピックス 節税対策なら高橋敏則会計事務所
お問い合わせ 高橋敏則会計事務所
リンク
 
スコレ・
コンサルティング・
グループ
各種の節税情報
資金繰り改善
平成21年度税制改正
対策3本柱のバランスをとること>> 多くの対策を組み合わせて実施すること>> 
対策は早め早めに実施すること>> 土地所有者は不動産の法人化を行うこと>> 相続税対策のメニュー>>
相続税対策

無料、相続税対策コンサルティング・プラン
相続税対策のコンサルティングを無料で行うプランをご用意しています。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ又はご注文
1 相続税対策を成功させる4つの法則
法則1 対策3本柱のバランスをとること
相続税対策には、1.節税対策、2.納税資金対策、3.争族対策の3つの柱があります。資産家がどんなに相続税の節税対策を行っても、納税額をゼロにすることはできま
せんし、不動産が売れない時代ですので事前に相続税の納税資金対策をする必要があります。
また、せっかく相続税の節税対策を行い、納税資金の準備までして財産を残しても、親子、兄弟姉妹で醜い相続争いをしているといういのでは何にもなりません。それな
ら生きている間に自分で財産を使い切ってしまった方がいいくらいです。
したがって、相続争いを防止するための対策も欠かせません。
法則2 多くの対策を組み合わせて実施すること
一つの相続税対策だけで済まそうとすると、失敗するケースが少なくありません。例えば、多額の借金をし て不動産を購入したところ、借金の返済ができなくなってしまった、高額の生命保険に加入してしまい保険料の負担が重過ぎる、あまりにも多くの生前贈与をし すぎて失敗したといった事例がしばしば見受けられます。
相続税対策にはリスクとコストがつきものです。一つだけの対策の効果は少なくても、多くの対策を組み合わせて実施すれば、リスクとコストを分散させて、大きな効果を生むことができます。
法則3 対策は早め早めに実施すること
相続が近づいたと思われるときに相続税対策を行っても、間に合いませんし、ほとんどの場合は失敗します。
例えば、年間110万円の贈与税の非課税枠を利用した生前贈与では長い期間をかけないと効果がありません。また、被相続人が亡くなる直前、養子縁組や不動産の購入といった節税対策を行うと、税務署とのトラブルになります。
したがって、相続税対策を成功させるためには、できるだけ早く始めなければなりません。
法則4 土地所有者は不動産の法人化を行うこと
土地所有者にとって究極の相続税対策であり所得税対策ともなるのが、不動産の法人化です。不動産を法人に組替えるにも色々な方法とパターンがありますので、自分にあったやり方で不動産の法人化を行う必要があります。
2 相続税対策のメニュー
相続税対策は、3本柱のバランスをとり、かつ、多くの対策を組み合わせて行うことが肝要です。具体的な対策としては、次のようなものがあります。
詳細については「相続・贈与でトクする100の節税アイデア(高橋敏則著)」(ダイヤモンド社)を参照してください。
書4 「相続・贈与でトクする100の節税アイデア」
高橋敏則著-ダイヤモンド社

どうすれば「争族」を起こさずに、家と財産を守れるのか?これ1冊で、相続対策の3本柱(節税対策、納税資金対策、争族対策)の全てがわかる!!
<パート1> 相続税のしくみから考える節税アイデア
1. 生前に墓地や仏壇を取得しておく
2. 生命保険金の非課税枠を利用する
3. 死亡退職金と弔慰金の非課税枠を利用する
4. 養子をつくって相続人を増やす
5. 相続の放棄は慎重に行う
6. 相続財産を基礎控除額以下に減らす
7. 配偶者の税額軽減を上手に利用する
<パート2> 贈与と財産の移転に関する節税アイデア
1. 相続財産を減らすこと
2. 相続時精算課税制度を使って2500万円まで無税で贈与する
3. 子や孫へは住宅取得資金を贈与する
4. 妻へは住宅を贈与する
5. 基礎控除110万円を利用して小刻みに贈与する
6. 連年贈与には注意すること
7. 贈与の証拠を残しておく
8. 孫へ財産を贈与する
9. 税金を払ってでも贈与する
10. 同族会社を通して財産を贈与する
11. 現金よりも不動産やゴルフ会員権を贈与する
12. 上場株式が急騰したら贈与する
13. 特別障害者へは信託受益権を贈与する
14. 心身障害者共済制度を活用する
15. 値下がりした不動産を親族に売却する
<パート3> 財産評価のしくみから考える節税アイデア
1. 財産評価のしくみから節税を考えよう
2. 住宅用宅地は240uまで80%減額できる
3. 居住用宅地は原則として配偶者が取得する
4. 事業用宅地は400uまで80%減額できる
5. 事業用宅地は事業承継者が取得する
6. 同族会社の事業に使用されている宅地も80%減額できる
7. 同族会社への土地建物の貸付けは賃貸借契約にする
8. 貸付用宅地は200uまで50%減額となる
9. 併用住宅地を活用する
10. 2種類以上の土地に小規模宅地の特例を適用する
11. 貸家にすれば家屋の評価額が3割下がる
12. 貸家にすれば敷地も評価額が2割程度は下がる
13. 個人事業者は法人成りする
14. 借入金で不動産を取得する
15. 赤字会社に借地権を移転する
16. 土地を分割して評価額を引き下げる
17. 宅地を私道にして評価額を引き下げる
18. 貸宅地は早めに処分すること
<パート4> 争族対策と上手な遺産の分け方のアイデア
1. 相続争いは絶対避けること
2. 民法の均等相続は無視すること
3. 相続人に自分の意志を伝えておくこと
4. 遺言書にも種類があることを知っておく
5. 遺言書が絶対に必要となるケースがあることを理解しておく
6. 遺留分を考慮して遺産を分割すること
7. 遺留分を生前に放棄してもらう
8. 農地は生前に一括贈与する
9. 分割できる財産がないときは生命保険を利用する
10. 残された妻の上手な相続のしかた
11. 家を継ぐ者の上手な相続のしかた
12. 家を出た子の上手な相続のしかた
<パート5> 有利に納税するためのアイデア
1. 不動産を活用して納税資金をつくる
2. 給与の支払いにより納税資金の準備をする
3. 生命保険で納税資金の準備をする
4. 生命保険の契約内容に注意すること
5. 生命保険金を一時所得として受け取ること
6. 生命保険の加入のしかたを工夫する
7. 経営者保険を活用する
8. 延納の選択は慎重に行うこと
9. 事前に物納の準備をすること
10 物納が必ずしも有利だとは限らない
11. とりあえず物納の申請をしなさい
12. 貸宅地を物納しなさい
<パート6> 相続開始後にできる節税アイデア
1. 葬式費用の領収書等を揃えておくこと
2. 小規模宅地を有利に選択する
3. 土地を上手に分割して評価額を引き下げる
4. 上場株式の評価額を引き下げる
5. 幼稚園等の教育用財産を相続しても税金がかからない
6. 農地の相続では納税猶予を利用する
7. 二次相続も考えて遺産を分割する
8. 相続財産を寄付するという方法もある
9. 分割できない財産は代償分割する
10. 遺産分割協議書のつくり方を工夫する
11. 払い過ぎた税金は返してもらう
12. 不動産の売却は相続税の申告期限後3年以内にする
13. 相続登記は早めに手続きする
<パート7> 相続税調査に備えるアイデア
1. 財産隠しはかえって高くつくことを知る
2. 税務署の目はごまかせない
3. 税務署の内部調査について知っておく
4. 実地調査が入りやすい申告書を知っておくこと
5. 税務調査が入りやすい時期を知っておくこと
6. 実地調査のパターンを知っておくこと
7. 相続人宅で調査官が目をつけるところ
8. 証拠資料は事前に用意しておくこと
9. 預貯金の動きは説明できるようにすること
10. 郵便貯金や海外資産も調査される
11. 財産の種類別に調査のポイントを知っておくこと
不動産オーナーの節税対策 知っておきたい 土地 建物の税金 所有・移転・法人化のしかたがわかる本 「知っておきたい 土地 建物の税金」
高橋敏則著-清文社

財産を守る秘訣、教えます。
  パート1 不動産の貸付けをめぐる節税対策
  パート2 不動産の譲渡・相続をめぐる節税対策
  パート3 法人を使った節税対策
  所得税と相続税のバランスをとった
  総合的な節税対策のヒントが満載。
Copyright (c) 2005 公認会計士・税理士 高橋敏則会計事務所 All rights reserved