迅速な資金調達が必要な緊急事態でも、即座に現金を確保できる手段があります。

話し合うビジネスマンとお金

企業の財務担当者は、日々の会社の資金状況を把握し、当日、週末、月末の資金残高を予測します。
これは、仕入代金や物品購入代金、人件費等の振り込みをする決済日に、お金が不足しないようにケアし、不渡りの発生を防ぎ、倒産のリスクを回避するためです。

 

ですが、資金とは、さまざまな原因・理由から常に大きく変動しているので、必要な時に資金が枯渇していることもあり得ます。
商社や製造業のように取引先が企業である場合、取引に係るお金の支払いはまとめて行うのが一般的です。
自社が仕入代金を支払う時も、自社が売上代金を受け取る時も、一定期間の取引をまとめて支払う・受け取ることになっています。

 

ですから、自分の銀行口座に資金を潤沢に確保するには、売上代金を受け取るまで待たければならなくなります。
でも、今すぐにでもお金を必要とする不測の事態が起きて、売上代金の入金まで待つ時間の余裕が無い場合、どうすればよいでしょうか。
こちらでは、緊急で資金が必要となったときの、資金調達の手段をご紹介いたします。

 

 

資産を担保にした資金調達

短期間のうちに現金化される資産として売掛金や受取手形がありますが、これらは当座資産と呼ばれています。
この当座資産を担保にすることで、即座に現金を調達する方法があります。

 

 

ファクタリング

「ファクタリング」とは、企業が保有している売掛金を専門業者(ファクタリング業者)が買い取る仕組みです。
売掛金が回収されるのを待たずに現金化でき、当座の資金需要を満たす方法として注目されており、緊急の場合でも有効です。

 

本来、売掛金は回収期日(相手先から売掛金を支払ってもらう期日)に、満額を受け取ることができるのですが、この仕組みを利用すると、回収期日前に売掛金をファクタリング業者に買い取ってもらうことで当座の資金需要に充てることができます。
この時、ファクタリング業者は、売掛金の債権者から一定の手数料をもらったうえで、売掛金を買い取ります。

 

 

手形割引

「手形割引」とは、取引先から手形を受け取った人が、その手形を、現金化される期日前に銀行などの金融機関に買い取ってもらうことです。
この時、金融機関では、手形を買い取った期日から支払期日までの期間に対する利息相当額を、手形の買取代金から控除して支払います。

 

この利息相当額を控除して買い取ることを、”手形を割り引く”と言っており、ここから手形割引と呼ばれています。

 

ファクタリングと似ていますが、売掛金や手形が回収できなかったときのリスクの取扱いなどが異なっています。

 

 

資産の売却による資金調達

短期間のうちに現金を手に入れるのに、最もシンプルな手段が「資産売却」でしょう。
例えば、商品の在庫、オフィス内の家具、情報機器、事務用品などの中古品を買い取ってくれる買取業者が多くいます。
即日訪問して見積もってくれて、売却と同時に現金で支払ってもらうこともできますので、売掛金や受取手形をもたない企業にとっては、緊急の現金化で有効な選択肢になります。

 

 

当座借越契約による短期借入

取引のある銀行に当座預金を開設してあり、当座借越契約を結んでいると、とても便利です。
当座預金は、取引によって受けとった現金や手形を預け入れ、一方で、購入代金の支払いも行う決済専用の口座であり、当座借越契約が結ばれていると、預金残高以上の支払いがあって残高がマイナスになっても、一定の利息を負担することで銀行がその分を融通してくれます。

 

通常、銀行から資金を借りるには、さまざまな条件があり、審査にも時間がかかりますが、この契約があれば、当座の資金需要を自動的にカバーしてくれます。

 

 

消費者金融の活用

個人事業主であれば、消費者金融を利用する方法があります。
融資条件も緩和されており、また審査の手続きも即日で完了できるものも多く、さらに最近では、低利でまとまった資金の融資を受けることができるので便利です。

 

なお、銀行の融資であっても消費者金融であっても、返済が滞ると信用を失いブラックリストに名を残して、その後の取引に支障がでますので約定通りの返済を心掛けるようにしましょう。
業の内容や規模に応じて、最適な資産売却手段を活用し、経営に役立てていきましょう。

 

page top